プレーン柄(資料:鶴弥)
[画像のクリックで拡大表示]
ワイドボーダー柄(資料:鶴弥)
[画像のクリックで拡大表示]
施工イメージ(資料:鶴弥)
[画像のクリックで拡大表示]

 鶴弥は、陶板壁材「スーパートライWall」に、室内灯の照射によって抗菌力を発揮する「抗菌性光触媒シリーズ」を新たにラインアップし、2020年5月に販売を開始した。

 スーパートライWallは、伝統的な瓦の製法を使った壁材のシリーズだ。陶器のような風合いがある。その内装用のプレーン柄とワイドボーダ―柄に、抗菌性光触媒性能を持つタイプを加えた。

 室内照明が当たると壁材表面の光触媒が活性化し、抗菌力が高くなる。抗菌効果は光触媒工業会の認定基準をクリアしている。暗所でも光触媒に含まれる銀イオンの働きで、抗菌が継続する。臭いの原因となる菌も減らせるので、消臭効果も期待できる。

 受注生産品で、納期の目安は30日。価格は、要問い合わせ。

問い合わせ先:鶴弥
電話:0569-29-4699
URL:https://www.try110.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード