耐熱強化トリプルガラスと高断熱樹脂フレームを組み合わせる(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 YKK APは、網目のない耐熱強化トリプルガラスを採用した樹脂防火窓「APW430防火窓」を2020年4月に発売した。

 20分間の遮炎性能を有する防火設備の国土交通大臣認定を取得している。住宅防火設備が必要とされる防火地域・準防火地域の戸建て住宅の開口部にも使用できる。一般的な防火窓に用いられる網入りガラスとは異なり、視界を妨げる網目がないので、クリアな眺望を確保できる。

 耐熱強化トリプルガラス(アルゴンガス入り)と高断熱樹脂フレームを組み合わせることで、熱貫流率U値1.04W/(m2・K)の高い断熱性能を実現した。シャッター付引き違い窓、たてすべり出し窓、シャッター付引き違いテラス戸などのバリエーションを用意している。

 希望小売価格(税別)は、幅640mm×高さ1170mmのたてすべり出し窓が14万4000円(ガラス込み。現場搬入費、取り付け費は別)。

問い合わせ先:YKK AP
電話:0120-20-4134
URL:https://www.ykkap.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード