軽い力で扉を全開にできる(資料:大建工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 大建工業は、軽い力で扉を全開にできるアシスト機能を備えた、高齢者施設や医療施設向けの「おもいやりアシストドア」を2021年5月に発売した。

 レールにリニアエンジン機構を内蔵し、スムーズに扉が開閉する。音も静かだ。扉を少し動かすだけであとは自動で開き、設定時間を過ぎると閉まる「開閉アシスト機能」を備える。

 握りバーには独自の抗ウイルス機能「ビオタスク」を標準設定する。軽い力で扉が開くので、指先でバーを握らなくても、手の甲やひじで開閉方向に軽く動かすだけで扉が全開になる。オプション部材の「スポットセンサー」を設置すれば、赤外線センサーで人を感知し、非接触で開閉する設定にもできる。

 「セーフティリターン機能」を備え、扉が閉まりかけているときに人や障害物に当たると、自動で全開の状態まで戻る。全開にした扉を3秒以上開く方向に押すと、開放状態を保てる「全開保持機能」を標準装備する。

 扉のサイズは、1164mm×1935.5mm。色はモノホワイトやクリアベージュ、ティーブラウンなど9種類。

 価格(税別)は、37万3900円から。

問い合わせ先:大建工業
電話:0120-787-505
URL:https://www.daiken.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。