施工イメージ(資料:LIXIL)
施工イメージ(資料:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]
足が熱さを感じにくく、炎天下でも快適に過ごしやすい(資料:LIXIL)
足が熱さを感じにくく、炎天下でも快適に過ごしやすい(資料:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]

 LIXILは、夏場の炎天下でも足が床の熱さを感じにくい人工木デッキ「デッキDC」を2022年5月に発売した。

 人工木デッキはメンテナンスがしやすく、ささくれやシロアリの心配もない。ただし、強い日差しにさらされると表面温度が上昇し、熱く感じるというデメリットがある。

 デッキDCは熱が伝わりにくい樹脂材を使用し、熱がたまりにくい独立気泡構造を取り入れた。夏場の最高温度を想定したデッキ材の表面に素足を接触させ、15秒後の足裏温度を測定した同社の実験では、一般的な人工木デッキに比べて約4℃低く抑えられた。

 従来品よりも軽くし、施工時の負担も軽減した。床材表面に溝を付け、色の濃淡を持たせることで、天然木に近い風合いを再現している。

 参考価格(税別)は、間口2間×6尺、標準束柱使用の場合、35万1200円から。

問い合わせ先:LIXIL
電話:0120-376-845
URL:https://www.lixil.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。