FeliCaカードを鍵として利用できる(資料:構造計画研究所)
FeliCaカードを鍵として利用できる(資料:構造計画研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 構造計画研究所は、非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」に対応するスマートロック「RemoteLOCK 8j-F(リモートロック エイト ジェイ エフ)」を2022年5月に発売した。

 交通系ICカードや社員証など、日常的に使用するFeliCaカードを入館や入室用の鍵として利用できるスマートロックだ。事前に登録しておけば、施設利用者の手持ちのFeliCaカードをそのまま鍵として使える。来客時の個別対応やカードの発行・送付の手間を削減できる。

 FeliCaカードは最大1000枚まで登録可能。管理者はクラウド画面にFeliCaカードの固有ID番号を登録するだけで、カードの登録・削除をどこからでも行える。カード登録に必要な端末の購入や設置も不要だ。アクセス権の管理や入退室の履歴確認も遠隔からできる。

 本体価格(税別)は、8万9000円。別途、施工費およびクラウド管理システム利用料が必要になる。

問い合わせ先:構造計画研究所
電話:050-5306-6250
URL:https://www.kke.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。