パーツごとに交換できるリフォーム構造になっている(資料:Deto)
[画像のクリックで拡大表示]
自分で交換可能なパーツ(資料:Deto)
[画像のクリックで拡大表示]

 Deto(デト)は、自分で部品を交換できる公共向けの「温水洗浄便座 DW-312」を2020年3月に発売した。

 パーツごとに交換ができる、リフォーム構造の温水洗浄便座だ。専門知識がなくても、簡単な工具で便座のふたや操作パネル、ノズルなどを取り替えることができる。

 店舗など不特定多数の人が頻繁に使用するトイレの傷や汚れ、故障などにスタッフが素早く対応し、清潔さや利便性を保てる。

 管理者モードで誤作動やいたずらを防止するロック機能や、4カ国語で表記した使用方法ラベル、節水のための擬音装置など、公共トイレに必要な機能も充実している。

 価格(税別)は、3万8000円。

問い合わせ先:Deto
電話:0120-571-131
URL:https://deto.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード