取り付け例(資料:文化シヤッター)
[画像のクリックで拡大表示]

 文化シヤッターは、食品衛生管理の世界基準「HACCP」に求められる機能や性能を満たした高速シートシャッター「大間迅(ダイマジン)HACCPパッケージ」を2021年6月に発売した。21年6月からHACCPに沿った衛生管理手法の導入が義務化され、従来品の性能をより高めたHACCPパッケージを新たにラインアップした。

 大間迅は、塩化ビニール製の本体シートとレールを独自の仕組みで結合したシートシャッター。気密性が高く、高速で開閉する。開閉時に空気の流出入が少ないので、虫やほこりなどの異物が外から侵入するのを防ぐ。主に工場や倉庫に設置することを想定している。

 本体シートには、多くの虫が感じる光の波長をカットする「防虫シートバグバスター」を採用した。上部ボックスは、ほこりがたまりにくい「勾配ケース」になっている。非接触センサーを標準装備し、操作スイッチに触れずに開閉可能で衛生的だ。

 参考価格(税込み)は、シートとレールをつなぐ部分にジッパーを使用したMAGICタイプ(開口3m×高さ3m)が、258万3000円(取り付け工事費、運搬費は別)。

問い合わせ先:文化シヤッター
電話:0570-666-670
URL:https://www.bunka-s.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード