素材はアルミめっきステンレス(資料:カナメ)
[画像のクリックで拡大表示]
取り付けイメージ(資料:カナメ)
[画像のクリックで拡大表示]

 金属屋根などの施工・開発を手掛けるカナメは、工場や倉庫などで使われることが多い波形スレート屋根のカバールーフに太陽光発電パネルを設置するための取り付け金具「波形スレートカバールーフ用太陽光取付金具 SCR」を2021年7月に発売した。

 老朽化した波形スレート屋根の改修は、金属屋根でカバーするのが一般的だ。その場合、太陽光パネルを改修後のスレートカバールーフに設置しようとしても、強度が不足して断念せざるを得ないケースが多い。

 波形スレートカバールーフ用金具 SCRは、カバールーフに直付けするものだ。太陽光パネルを固定するのに使うレールは必要ないので、従来のレールを使った工法より約82%軽くなる。太陽光パネルを設置できる屋根の範囲が広がる。金具の取り付け位置は自由に選べるので、既存の建物構造の制約をあまり受けずに、太陽光パネルを配置できる。

 価格はオープン。

問い合わせ先:カナメ
電話:028-663-6300
URL:http://www.caname.net/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。