最大32並列まで接続できる(資料:GSユアサ)
最大32並列まで接続できる(資料:GSユアサ)
[画像のクリックで拡大表示]

 GSユアサは、リチウムイオン電池の保護監視機能を内蔵したDC48V専用のリチウムイオン電池モジュール「LIM50EN-13」と「LIM50EN-14」を2017年12月に発売した。

 リチウムイオン電池には、モジュールに搭載された電池監視基板からの信号をもとに蓄電池内の温度や電圧を監視し、過放電、過充電を防止する保護監視装置が必要となる。適正な管理下で使用しないと劣化や電池の膨れ、発熱などの現象を引き起こす恐れがあるからだ。

 「LIM50EN-13」(セル数13)と「LIM50EN-14」(セル数14)はリチウムイオン電池の保護監視機能を内蔵した製品。鉛蓄電池と同様、外部に電池管理装置を設けなくてよいので、既存のDC 48V系鉛蓄電池システムからの切り替えが容易にできる。電源装置のシステム構成を変更することなく、蓄電池部のみをリチウムイオン電池に変えることが可能だ。

 最大32までの並列接続が可能で、47.5Ahから1520Ahまでの幅広い容量に対応する。非常用電源などの用途に適している。オプションの通信ユニットを設置すれば、遠隔地からリチウムイオン電池の状態を確認することができる。

 価格は要問い合わせ。

問い合わせ先:GSユアサ
電話:0120-43-1211
URL: http://www.gs-yuasa.com/jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。