日本の文化をモダンにアレンジした格子デザイン(出所:神谷コーポレーション湘南)
日本の文化をモダンにアレンジした格子デザイン(出所:神谷コーポレーション湘南)
[画像のクリックで拡大表示]

 神谷コーポレーション湘南は、和の格子をモダンにアレンジした天井高の室内ドア「ZEN-style(ゼンスタイル)」を2018年3月1日に発売した。

 格子は、昔から日本の住宅にも取り入れられてきた和のデザインだ。そこに、黄金比をベースに、和室でも洋室でもフィットするモダンなデザインにしたのが「ZEN-style」だ。

 黄金比とは、縦横の比率が約1:1.618で、古代ギリシャで定義付けられて以来、最も調和的で美しい比率とされている。例えばパルテノン神殿、名刺、ハガキなどで黄金比が使用されている。

 ドアの高さが天井まである「フルハイトドア」を独自開発した。開けた時に空間の広がりを感じさせ、光も入りやすいので室内が明るくなる。また、閉めた時には凹凸なく壁面と同化するため、圧迫感がない。ドア枠は壁面に内蔵しており、見た目がすっきりとするだけでなく、床面もフラットで歩きやすくなる。

 カラーは、ブラックウォールナットとブラックチェリーの2色がある。

 価格は税別で50万円から。ドアの寸法は、幅819mm×高さ2400mm、厚さ36mm。

問い合わせ先:神谷コーポレーション湘南
電話:0463-94-6203
URL:http://www.kamiya-yokohama.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。