基材は信州産アカマツ(出所:プレイリーホームズ)
基材は信州産アカマツ(出所:プレイリーホームズ)
[画像のクリックで拡大表示]
ガラス入りのデザインもある(出所:プレイリーホームズ)
ガラス入りのデザインもある(出所:プレイリーホームズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プレイリーホームズは、大正時代の建築に使われていたドアを参考にデザインした信州産アカマツ製の「マツ浪漫ドア」を2018年4月に発売する。

 「大正浪漫」をテーマに、全13デザインをラインアップした。長野県の林業を活性化する事業展開の一環として、信州産のアカマツを基材としている。無垢集成単板貼りで無塗装。室内用。受注生産品で納期は約1カ月。

 ガラス入りのデザインも7種類用意している。クリアーガラスのほか、カスミガラス、ウェーブガラスなど和モダンなテイストをもつガラスデザインも選択可能だ。取手や錠などの金物の色も、開き戸ならアンティークブラス、サテンニッケルなど、引き戸ならダークアンバー、本金メッキなどのバリエーションがある。

 価格は、片開きドアのセット(ドア、枠、金物)が8万7900円。

問い合わせ先:プレイリーホームズ
電話:052-930-7855
URL:https://www.prairie.co.jp/

 

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。