施工例(資料:アイカ工業)
施工例(資料:アイカ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 アイカ工業は、2歳未満の乳幼児を対象とした育児施設向けの乳幼児用安全柵「ベビーゲート」を2018年2月に発売した。

 ベビーゲートは、目を離した隙に乳幼児が階段や玄関などの危険な場所にはい出てしまうのを防ぐ扉。建具技術を生かして、保育所などでの使用にも耐える耐久性と安全性を備えたものを開発した。

 扉や縦枠、鴨居には角を丸めた加工を施している。扉と鴨居の隙間は3~4mmに抑えられており、指挟みをする心配がない。扉と枠の隙間は25mmを確保。ケガ防止に配慮した設計になっている。

 扉を閉める時、扉が縦枠に当たると自動で鎌錠がかかり、閉め忘れや跳ね返りを防止する。引き手は片側のみについており、子どもが反対側から解錠できないようになっている。

 表面材は2種類。「ベーシックタイプ」は耐摩耗化粧合板「マーレスボード」を使用。油性ペンで子どもが落書きしても拭き取れる。メラミン化粧板を使用した「メラミンタイプ」は、キズに強く汚れが付きにくい。

 設計価格(税別)は、「ベーシックタイプ」が1セット(扉本体、縦枠・鴨居セット、レールセット、引き手)12万9500円から、「メラミンタイプ」が14万1500円から。

問い合わせ先:アイカ工業
電話:0120-525-100
URL: http://www.aica.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。