病院の待合室の設置例(資料:三和シヤッター工業)
[画像のクリックで拡大表示]
打ち合わせスペースの設置例(資料:三和シヤッター工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 三和シヤッター工業は、必要なときに簡単に組み立てられる間仕切り「ファミプラ」に透明タイプを追加し、2020年7月に販売を開始した。

 ポスト(支柱)にパネルや補強材を差し込むだけで設置できる。パネルやポストの数を調整し、場所に合わせたレイアウトを組むことが可能だ。プラスチック製ダンボールを用いた従来のファミプラは、災害時の避難所などではプライバシーを保つツールとして活用されている。

 アクリルの透明パネルを使用した透明タイプは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開発したものだ。病院の待合室やオフィスの打ち合わせスペースなど多様な場所で、人と人との接触や飛沫による感染防止に役立つ。

 透明なので、対面のコミュニケーションが取りやすい。間仕切りの高さは、約1.8m。立った状態での会話でも飛沫をしっかりと遮る。耐水性があり、アルコールや消毒液などを使った拭き掃除も可能だ。

 価格(税別)は、写真の待合室モデル(透明パネル10枚、ポスト11本)が、29万9800円。

問い合わせ先:三和シヤッター工業
電話:0570-063011
URL:https://www.sanwa-ss.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード