片引き窓とフィクス窓を並べて施工した「APW511大開口スライディング」のイメージ(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]
APW511大開口スライディングの施工例(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 YKK APは、高い断熱性能と大開口を両立した住宅用窓「APW511大開口スライディング」を2019年6月に発売した。

 製作可能な最大の高さは2730mm(この場合の幅は4000mmまで)、最大幅は5500mm(同2000mmまで)。窓種は片引き窓、両袖片引き窓、フィクス窓を設定している。単体での使用に加え、躯体柱の間に横並びに複数の窓を配置することが可能で、大開口を実現できる。

 Low-E複層ガラスやトリプルガラス、真空トリプルガラス(2019年秋発売予定)に対応している。アルミ樹脂複合構造のフレームとの組み合わせにより、大開口でも高い断熱性能を有する。

 参考価格は、片引き窓(幅2600×高さ2230mm、内外ともプラチナステン色)が40万6700円(税、ガラス代、組み立て費、現場搬入費、取り付け費などは別)。

問い合わせ先:YKK AP
電話:0120-20-4134
URL : https://www.ykkap.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード