シンクの奥側にL型のバーが付いており、小物置きなどを引っ掛けられる(資料:タカラスタンダード)
シンクの奥側にL型のバーが付いており、小物置きなどを引っ掛けられる(資料:タカラスタンダード)
[画像のクリックで拡大表示]
オプション小物を使い、自分が使いやすいようにカスタマイズできる(資料:タカラスタンダード)
オプション小物を使い、自分が使いやすいようにカスタマイズできる(資料:タカラスタンダード)
[画像のクリックで拡大表示]

 タカラスタンダードは、小物置きなどを自分が使いやすいシンク内の位置にセットしてカスタマイズできるステンレス製の「らくエルシンク」を2021年8月に発売した。

 シンクの奥側に、L型のバーが付いている。標準装備の小物置きやオプションで用意しているごみポケットなどを好きな位置に引っ掛けて、作業がしやすい状態にできる。取り外しが簡単なので、掃除もしやすい。

 シンクのサイズは、幅77cm×奥行き50cm。直径28cmのフライパンをまっすぐに置ける。調理器具や洗い物ををたくさん置いても作業がしやすい。水切りネットやまな板立てなども、オプション小物としてラインアップしている。

 同社のシステムキッチンである「エーデル」や「リフィット」などのシリーズで、オプションとして選べる。価格(税別)はステンレスシンク(Zシンク)を取り付ける場合より、1万4800円上乗せした金額になる(搬入、取り付け費などは別)。

問い合わせ先:タカラスタンダード
電話:0120-557-910
URL:https://www.takara-standard.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。