「選べるデッキプラス」の人工芝と竹を組み合わせた施工イメージ(資料:セイキ総業)
[画像のクリックで拡大表示]
天然石と人工木を組み合わせた施工イメージ(資料:セイキ総業)
[画像のクリックで拡大表示]
下地の上にアルミベースを設置し、選んだ面材を並べて固定する(資料:セイキ総業)
[画像のクリックで拡大表示]

 セイキ総業は、人工芝や天然石をデッキの面材として使用できる「選べるデッキプラス」を2019年8月に発売した。

 選べるデッキシリーズは、アルミベースの上に好みのデッキ面材を並べて固定するデッキ材。これまで3素材、10種類のデッキ面材がラインアップされていたが、今回は「選べるデッキプラス」として、「人工芝」と「天然石」を加えた。従来の人工木や竹などの面材と組み合わせて施工することもできる。

 「人工芝」は複数色の糸を使用して芝のリアルな風合いを出し、ふんわりとした踏み心地を実現している。アルミベースと人工芝をあらかじめ接着した「アルミベース一体型」なので、施工しやすい。

 一方、「天然石」は御影石の「白」と「サビ」を用意した。表面はブラスト仕上げで、滑り防止に配慮している。

 設計価格(税別)は、「人工芝」が1坪当たり17万7600円。「天然石」は受注生産品。

問い合わせ先:セイキ総業
電話:04-2951-7221
URL : https://www.seiki.gr.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード