TD171D(資料:マキタ)
TD171D(資料:マキタ)
[画像のクリックで拡大表示]
「ボルトモード」の使用イメージ(資料:マキタ)
「ボルトモード」の使用イメージ(資料:マキタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 マキタは、作業時のビット(先端工具)の振れを大幅に低減した充電式インパクトドライバ「TD171D」と「TD161D」を2018年1月に発売した。

 「TD171D」と「TD161D」は、回転と打撃を組み合わせてねじやボルトを締め付ける。軸受け部の設計を見直し、長いビットを使用する時に発生しやすいビットの振れを大幅に低減した。

 「木材モード」「ボルトモード」など、作業シーンに合わせて回転スピードなどを自動で調整する4つの「楽らくモード」を搭載している。またグリップを握ったまま打撃モードの強さの切り替えができるように、トリガーの前方に切り替えボタンを配置した。

 バッテリーの電圧は「TD171D」が18V、「TD161D」が14.4V。本機寸法は、共に長さ116×幅79×高さ236mm。

 標準小売価格(税別)は、「TD171D」が6万8100円、「TD161D」が6万4100円。

問い合わせ先:マキタ
電話:0566-98-1711
URL: https://www.makita.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。