「セパレート1216」の設置イメージ(資料:パナソニックAWエンジニアリング)
「セパレート1216」の設置イメージ(資料:パナソニックAWエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]
洗面化粧台仕様の設置イメージ(資料:パナソニックAWエンジニアリング)
洗面化粧台仕様の設置イメージ(資料:パナソニックAWエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックAWエンジニアリングは、トイレとバス、洗面から成る3点ユニットバスのスペースに、バス(シャワー)とトイレのユニットを後から別々に設置できる「シャワー&パウダーII」を2021年9月に発売した。

 シャワー&パウダーはもともと、既築物件のリフォーム用として開発された水回りユニットだ。3点ユニットのバスルームが設置されたスペースを、シャワーとトイレが分かれた状態にできる。05年に発売され、ロングセラーになっている。

 シャワー浴の増加に伴い、ホテルやマンションなど限られたスペースの水回り用ユニットとしても注目が集まっており、従来品をリニューアル。新たにひと回り大きなサイズの「セパレート1216」を加えた。

 省スペースで節水型のタンクレストイレを標準仕様に設定した。シャワールームとトイレルームの「Tタイプ」と、シャワールームと洗面ルームの「Lタイプ」がある。セパレート1216は、収納スペースが多い2面鏡洗面化粧台とシャワールームをセットにした洗面化粧台仕様も用意している。

 標準価格(税込み)は、セパレート1216のTタイプ、タンクレストイレ付きが75万6250円。

問い合わせ先:パナソニックAWエンジニアリング
メール:infodeskawe@ml.jp.panasonic.com
URL:https://panasonic.co.jp/ls/pawe/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。