室内の自然光の下で撮影した状態(資料:菊川工業)
室内の自然光の下で撮影した状態(資料:菊川工業)
[画像のクリックで拡大表示]
屋外で空を映した状態(資料:菊川工業)
屋外で空を映した状態(資料:菊川工業)
[画像のクリックで拡大表示]
施工イメージ(資料:菊川工業)
施工イメージ(資料:菊川工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 菊川工業は、鏡面ステンレス材に波紋模様のエンボス加工を施した「水面(みなも)パネル」に、従来品よりも凹凸感を強調した「せせらぎ」を加え、2021年9月に販売を開始した。

 波紋の広がりをイメージした凹凸加工を表面に施した鏡面パネルだ。周囲の景観を映し込み、自然光や照明の反射などが波のゆらぎのような表情を醸し出す。

 せせらぎは、従来品の「おだやか」「ゆらぎ」「さざなみ」よりも、さらに凹凸感を強調している。寸法は最大幅1500mm×高さ3000mm。板厚は1.0mm以下。特注対応で、凹凸の大小や間隔、深さを自由に設定できる。様々な形状や納まりにも対応する。

 価格は、要問い合わせ。

問い合わせ先:菊川工業
電話:047-492-2014
URL:https://www.kikukawa.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。