操作画面(資料:構造システム)
操作画面(資料:構造システム)
[画像のクリックで拡大表示]

 構造システムは、「CEDXM」に対応した、在来木造の構造計算ソフト「HOUSE-ST1 Ver.8」を2020年10月に発売した。CEDXMは、木造軸組み工法住宅の建築意匠CADとプレカット生産CADのデータ連携を目的に標準化されたファイルフォーマットである。

 HOUSE-ST1は、木造在来軸組み工法の一貫構造計算を行うソフトだ。計算結果は、伏図などと共に構造計算書として出力される。地上3階建てまで対応しており、全階木造、および、地上1~2階が鉄筋コンクリート造または鉄骨造である混構造建物の木造部分の構造計算を行うこともできる。

 新版のVer.8では、CEDXMデータによるインポートとエクスポート機能を追加。入力最大軸数を150軸から200軸に拡張し、より大規模な建物の計算ができるようになった。

 新規購入価格(税別)は、32万円。

問い合わせ先:構造システム
電話:03-6821-1311
URL:https://www.kozo.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。