「COMBO-Light」のミドルタイプ(資料:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]
ラージタイプ(資料:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]
2台連結して使用できる(資料:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、ユーザーが既築住宅に簡単に後付けできる宅配ボックス「COMBO-Light(コンボライト)」を2019年10月に発売した。

 別売りの据え置き用ベースを使って、接着剤で設置面に固定する。電動工具を使わずに、ユーザー自身で簡単に設置できる。

 耐衝撃性と耐荷重性の高いビールケースの構造を応用して、本体を開発。樹脂で覆う構造で、耐候性を高めた。色はマットブラックとステンシルバー、ボルドーなど6種類。

 ミドルタイプ(幅390×高さ590×奥行き473mm)に加え、大容量のラージタイプ(幅390×高さ790×奥行き473mm)もラインアップした。ミドルとミドル、ミドルとラージの組み合わせで、2台連結して使用することもできる。外出時に荷物が2回続けて届いた場合でも受け取りが可能になる。

 希望小売価格(税別)は、ミドルタイプのブラックが3万9800円、その他の色が4万9800円。ラージタイプのブラックが4万9800円、その他の色が5万9800円。

  • 問い合わせ先:パナソニック
  • 電話:0120-878-709
  • URL: https://panasonic.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード