フィルドラ・ベースにフィルドラ・デザインを専用金具で留める(資料:ケイミュー)
フィルドラ・ベースにフィルドラ・デザインを専用金具で留める(資料:ケイミュー)
[画像のクリックで拡大表示]
施工イメージ(資料:ケイミュー)
施工イメージ(資料:ケイミュー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ケイミューは、壁面を2層(ダブルレイヤー)で構成し、防水性や耐震性を高めた非住宅向けの外壁工法「FIRDOLA(フィルドラ)」の販売を2021年11月に開始した。住友金属鉱山シポレックスの軽量気泡コンクリート(ALC)技術と、ケイミューの窯業系サイディングを組み合わせた。

 壁面のベースとなるのは、工場で胴縁用アンカーを埋め込んだALCパネル「フィルドラ・ベース」。軽量で、耐火性や断熱性、耐震性に優れる。その上に窯業系サイディングのデザインパネル「フィルドラ・デザイン」を固定する。色柄のバリエーションが豊富で、光触媒による防汚性も備えている。

 2層の壁面で雨水の浸入を遮り、内部に水が入っても換気気流でパネルは自然に乾燥する。地震の揺れにはパネルが追随して変形を緩和し、割れやはがれ、落下などの事故を防ぐ。

 経年後、フィルドラ・ベースはそのままにして、フィルドラ・デザインだけを張り替え、外観を変えることもできる。

 価格は、要問い合わせ。

問い合わせ先:ケイミュー
電話:03-3432-2607
URL:https://www.kmew.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。