ライセンス変更や毎年の保守料金の値上がりなどOracle Database(DB)関連のコストに悩むユーザーは多い。社内で複数のOracle DBを利用していたり、重要なシステムでOracle DBを利用していたりすると、Oracle DBの利用をやめることは簡単ではない。Oracle DBを使い続けながら、コストを削減していくための方法はあるのか。今回はクラウド環境に移行したうえで、Oracle DBを利用し続ける場合のコスト削減方法を見ていこう。

 オンプレミス環境からクラウド移行する場合、Oracle DBのコスト削減を最大の目的にすると、「Oracle Cloudを利用するのが最も効果的だ」とアシストの関俊洋データベース技術本部 技術統括部技術1部課長は話す。

 オラクルが正式にOracle DBの稼働環境として認めているパブリッククラウドは、Oracle CloudのほかにAmazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureしかない。そのうえでオラクルは2017年1月に、AWSとAzure上でオラクル製品を利用する場合、これまでと比較してライセンス費用が最大2倍に値上がりする可能性があるライセンス体系の変更を行った。その結果、Oracle CloudでOracle DBを利用するケースが最も安価となった。

 クラウドを利用する際にOracle Cloudがコスト面で有利なのは間違いないが、Oracle DBのクラウド移行によって得られるコスト削減のメリットは、一般的なシステムのクラウド移行時と同じだ。従量課金による利用料金の最適化、マネージドサービスを利用する場合の運用負担の削減などになる。

Oracle Cloudに3種類のDB

 クラウド移行する場合は、2つのパターンがある。オンプレミス環境で稼働しているOracle DBの運用を変えずにクラウド移行する場合、そしてOracle DBのクラウドサービスであるPaaSを利用する場合だ。

 前者ではIaaSを利用することになるため、Oracle Cloudに有利なライセンス体系が適用される。そのためコスト面だけを考慮すればOracle Cloudを選択することになる。

 後者のPaaSの場合、Oracle DBからの移行先としてOracle Cloudには主に3種類のDBサービスがある。機械学習などを利用してチューニングなどを自動化し運用を自律的に実行する「Autonomous Database」、Exadataをクラウドサービスとして提供する「Exadata Cloud Service」、そしてOracle DBをクラウドサービスとして提供する「Database Cloud Service」だ。

 大規模システム向けにはExadata Cloud Serviceを、中小規模システム向けにはAutonomous DatabaseやDB Cloud Serviceの利用を想定している。自社の人員でチューニングなどが難しい中小企業の場合、Autonomous Databaseを利用することで運用費用の削減に効く。チューニングをITベンダーに依頼する場合、1回当たり数百万円程度かかる。こうした費用が削減できる効果を見込める。

 オンプレミス環境でOracle DBを利用しているユーザーがOracle Cloudに移行する場合、BYOL(ライセンス持ち込み型)か購入型かを選べる。BYOLの場合、既に所有するライセンス費用に対する保守料を支払い続けると、Oracle Cloudの利用料金が割引になる。最上位版の「Enterprise Edition(EE)」だけでなく、中小規模システム向けの「Standard Edition」を利用している場合でもBYOLは適用になる。

 DB Cloud Serviceの最も安い「Database Standard Edition」を従量課金制で利用した場合、1時間当たりの利用料金は約48円だ。これにBYOLを適用した場合、約35円となる。サービスごとにBYOLを適用する場合としない場合の価格が設定されている。保守料金を支払ってもBYOLを利用したほうが安くなるかどうか、Oracle Cloudを利用する場合は、慎重な検討が必要になる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。