終わりが見えない会議の原因は、ズバリ「板書」をしていないからだ。本特集では日経SYSTEMSの過去記事を再編集。意見がサクサクとまとまる5つの板書術を習得しよう。

 ブレーンストーミングの時間を設け、さまざまなアイデアを出すことを会議の参加者に要請した。ところが、それほどアイデアが出ないうちに詰まってしまった。みんなが「もう思いつかない」という表情をしている。このまま待っていても、時間を浪費するばかりだ。

停滞して意見が出なくなった会議

意見を分類して「空白」を見せる

 こんな状況に陥った場合は、「空白」を見せる技が有効だ。停滞するまでに出てきた意見を分類してラベルを付け、表形式にまとめてみよう。

意見出しが停滞したときは、意見にラベルを付けて表形式でまとめる
[画像のクリックで拡大表示]

 すると、意見が全く出ていない、あるいは意見が少ない「空白地帯」が浮かび上がってくる。こうした空白を認識すると、参加者に「埋めよう」という意識が働き、意見が出やすくなる。

 意見を分類することで、参加者に観点のヒントを提供できるという効果もある。特定の観点についてばかり考えていた人が、分類されたことで別の観点に気付くわけだ。

 例えば業務システムのチューニング策を検討していたとき、ある人はサーバーのことばかり、別の人はストレージのことばかり考えているようなケースがある。そんなときに複数の分類が示されていると、「その分野ならこうした方法がある」と思いつく可能性が開けてくる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。