24回目となる「顧客満足度調査 2019-2020」。IT製品とサービスを提供するベンダーへの評価をユーザー企業の意思決定者に聞いた。全28部門の中から「グループウエア/ビジネスチャット」部門を紹介する。電子メールやスケジュール管理、各種ファイルやデータを共有する機能を搭載しているソフトやクラウドサービスおよびビジネスチャットについて聞いたものだ。

 今回よりビジネスチャットを加え、「グループウエア/ビジネスチャット」として調査した。1位を獲得したのはネオジャパンで、5年連続首位を維持した。「性能・機能」「信頼性」「運用性」「コスト」「サポート」のいずれも全社平均より5ポイント以上高かった。2位には前回3位だったサイボウズが食い込んだ。「信頼性」「運用性」「コスト」「サポート」が平均を5ポイント以上上回った。3位のグーグルは「性能・機能」のスコアが78.0と最も高かった。

●グループウエア/ビジネスチャット
以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。NTTデータ イントラマート(58.0、20件)、富士通(56.1、40件)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]