IT製品とサービスを提供するベンダーへの評価をユーザー企業の意思決定者に聞く「顧客満足度調査 2019-2020」。今回は全28部門の中から、「サーバー仮想化製品」と「シンクライアントシステム/デスクトップ仮想化製品」の2部門を紹介する。ユーザー企業にシンクライアントなどクライアントの仮想化や、サーバーの仮想化を実現するソフトについて聞いたもので、ユーザー企業が選択した仮想化製品の種類によって部門を分けた。

 「シンクライアントシステム/デスクトップ仮想化製品」部門の首位は前回3位だったシトリックス・システムズ・ジャパンが獲得した。同社にとって初の栄冠となる。「コスト」が全社平均を2.5ポイント以上上回った。「性能・機能」「信頼性」も全社平均より高かった。2位は前回に続きヴイエムウェアが入った。「運用性」が全社平均より2.5ポイント以上高かった。

●シンクライアントシステム/デスクトップ仮想化製品
以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。日本マイクロソフト(67.6、29件)
[画像のクリックで拡大表示]

 「サーバー仮想化製品」部門の1位は前回2位のヴイエムウェアが浮上した。総合満足度は全社平均である70.7を1ポイント上回り首位に立った。2位には日本マイクロソフトが入った。「コスト」が全社平均より6ポイント高かった。

●サーバー仮想化製品
以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。シトリックス・システムズ・ジャパン(58.2、25件)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]