ネットワークを動かす基本原理であるプロトコルは、ネットワーク技術の進歩と共に移り変わってきた。だがそこには、電気通信の黎明(れいめい)期に作られた規格のエッセンスが今なお息づいている。新しい技術の本質を捉えるためにも、懐かしのプロトコルを振り返ってみよう。

 SDLCは、米IBMが同社のプロトコル体系「SNA」(Systems Network Architecture)の一部として開発した、データリンク層のプロトコルである。

[画像のクリックで拡大表示]

 ビット単位のデータ(バイナリーデータ)を伝送する目的で設計された最初の伝送プロトコルである。ビット列のかたまりで構成されるバイナリーデータを「フレーム」という単位に格納して送受信する。これはBSC(Binary Synchronous Communications)やベーシック手順など以前から使われていたキャラクターベースのプロトコルには無い特徴である。

 そのフレームの単位で同期を取る「フラグ同期」と呼ばれる仕組みも、このSDLCで初めて採用された。これらの特徴を持つSDLCは、後の伝送プロトコルに大きな影響を与えた。

多彩なトポロジー構成

 SDLCでデータをやりとりするコンピューターは、伝送の制御に責任を持つ「1次局」と制御を受ける「2次局」に分類される。1つのリンクは、1台の1次局と1台以上の2次局で構成される。

 局同士をつなぐリンクの構成には、いろいろな種類を選択できる。局同士を1対1でつなぐ「ポイントツーポイント」、1次局を中心にして2次局をスター状につなぐ「ポイントツーマルチポイント」、そして局をリング状につなぐ「ループ」などを使える。

 このように様々なトポロジーが使えるようになったのは、フレームにアドレスのフィールドを設け、宛先のコンピューターを指定できるようにしたからである。これも従来のBSCにはなかった特徴である。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。