クラウドやアプリ開発の最新技術に関するイベント「VMworld 2019」が2019年8月26日(米国時間)、米国サンフランシスコで開幕した。初日の基調講演には、米ヴイエムウェアのパット・ゲルシンガーCEO(最高経営責任者)が登壇。コンテナのオーケストレーションツール「Kubernetes」の活用を加速する戦略を披露した。

「VMware Tanzu」を発表する米ヴイエムウェアのパット・ゲルシンガーCEO(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 Kubernetes上のアプリ開発、運用を効率化するための新たなポートフォリオ「VMware Tanzu」を発表。今後、Kubernetes関連の製品・サービスを順次提供していく計画だ。

 最初の製品である「VMware Tanzu Mission Control」は、複数のKubernetesの一元管理を可能にする。Kubernetesクラスターを可視化したり、ポリシーに基づいてアクセス権やバックアップを制御したりする機能を備える計画で、現在はテックプレビューの段階にある。

 Tanzu Mission Controlの管理対象は、オンプレミス環境やクラウド上など、様々な環境に構築されたKubernetesクラスターである。ゲルシンガーCEOが「MicrosoftのAKS(Azure Kubernetes Service)やAWSのEKS(Amazon Elastic Kubernetes Service)などもまとめて管理できる」と言うように、Tanzu Mission Controlはコンテナをベースとした同社のマルチクラウド戦略の一端を担う。

 Kubernetesの実行環境を新たに開発する。Kubernetesを同社の仮想化環境「VMware vSphere」上で動かす「Project Pacific」をテクノロジープレビューとして公開した。コンテナと仮想マシンの一体運用を通じ、「開発と運用をつないで効率化を図る」(ゲルシンガーCEO)。

 Kubernetesがコンテナオーケストレーションのデファクトをうかがうなか、Project PacificにはvSphereの価値を高める狙いもある。「将来にわたって、vSphereがアプリを稼働させる最上のプラットフォームであり続けられるように、KubernetesでvSphereを拡張していく」(ゲルシンガーCEO)というわけだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。