米ヴイエムウェアは2019年8月27日(米国時間)、ネットワーク仮想化ソフト「NSX」ファミリーの新機能「NSX Intelligence」を発表した。ネットワーク上のセキュリティーの脆弱性を自動検出する機能を備える。マルチクラウドに対応したネットワーク仮想化ソフト「VMware NSX-T」に組み込んで提供する。

 米国サンフランシスコで開催中のITイベント「VMworld 2019」の基調講演では、NSX Intelligenceのデモンストレーションが披露された。

NSX Intelligenceのデモンストレーションの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 NSX Intelligenceはアプリケーション間の通信データ(レイヤー2〜7)を集め、機械学習機能で分析。通信上の脆弱性を発見した場合は、それを指摘すると同時に、対処策をレコメンドする。

 デモンストレーションでは、NSX Intelligenceがファイアウオールのルール変更を推奨。ユーザーは、NSX Intelligenceの機能でルール変更の効果をシミュレーションした上で、適用するか否かを判断する。