オンプレミス環境にIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)を展開する新たな製品が登場した。米国サンフランシスコで開催中のITイベント「VMworld 2019」(2019年8月25~29日)で、米ヴイエムウェア(VMware)が披露した「VMware Cloud on Dell EMC」だ。

VMware Cloud on Dell EMCに近い製品の例
[画像のクリックで拡大表示]

 VMware Cloud on Dell EMCは、ヴイエムウェアのクラウド基盤ソフト「VMware Cloud Foundation」を導入した米デルEMC(Dell EMC)製のサーバー、ネットワークスイッチ、無停電電源装置(UPS)をラックに搭載。ユーザーはデータセンターやエッジなどオンプレミス環境に設置するだけで、すぐにIaaSを利用できる。

 ソフトのバージョンアップやパッチ適用といった運用保守はヴイエムウェアがリモートで担う。遠隔監視などでハード故障を検知した際は、デルEMCの要員が現地に駆けつけて対応する。

 VMware Cloud on Dell EMCは買い取りではなく、サービスとして提供される。サーバー台数は3~5台を選択でき、利用料金は1年単位または3年単位の定額制だ。

 VMware Cloud on Dell EMCは現在、米国でイニシャル・アベイラビリティーの段階にある。「ハード故障時の復旧作業などを検証した上で、課題を解決する。その後、欧州、APJへ順次展開する予定だ」(ヴイエムウェアのキット・コルバートCTO、Cloud Platform BU)。

 ヴイエムウェアは今後、デルEMC以外のサーバーを使った同様のサービスを提供する計画である。AWS(Amazon Web Services)製のサーバーを使う「VMware Cloud on AWS Outposts」が、VMware Cloud on Dell EMCに続く第2弾となるもようだ。