登場したばかりのWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)には、実用的に使うための課題がまだまだありそうだ。Wi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイント(以下AP)を実際に使って見えてきたのはトラブルシューティングなどに使うツールの対応状況と、5GHz帯のレーダー波との干渉の2つだ。

ドライバーやツールが未対応

 最大の問題点は、Wi-Fi 6は登場したばかりなのでドライバーソフトや電波可視化などのツールが対応していない点だ。ドライバーやツールが対応していないと電波状況などを正確に把握できないので、トラブル対応に使えない。

 例えば、一部のノートパソコンの無線LANアダプターは、デバイスドライバーのバージョンを上げないと、Wi-Fi 6の電波を捕捉できなかった。他の無線LANアダプターでも、同様の現象が起こる可能性がある。

 ツールも一部対応していないようだった。例えば、電波強度を可視化するツール「inSSIDer」でWi-Fi 6の電波をモニタリングした際、適切に表示されないことがあった。2.4GHz帯の場合、アクセスポイント(AP)の設定が40MHz幅だったが、inSSIDerでは20MHz幅と表示された。

inSSIDerでWi-Fi 6の電波をモニタリングすると160MHz幅の設定が80MHz幅と表示されるなど一部が誤って表示された
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、5GHz帯ではAPで160MHz幅を設定していたが、inSSIDerの画面では、5GHz帯のうち106chを中心にした80MHz幅と表示された。利用した無線LANアダプターは、IEEE 802.11ac(以下11ac)の80MHz幅までしか対応していない。このため、160MHz幅で動作しているのに80MHz幅と表示した可能性がある。ただ、116~132chを別のAPで使用していたため、本当に80MHz幅で運用していた可能性もある。どちらの解釈が正しいかは、ツールだけでは判断できない。

5GHz帯はDFSの動作に注意

 5GHz帯の電波、特にW53とW56の周波数帯については、気象レーダーなどの各種レーダーも利用している。このため、これらの周波数を使う無線機器にはDFS(Dynamic Frequency Selection)と呼ばれる機能を実装することが義務付けられている。

5GHz帯のW53とW56の帯域はレーダー波も利用しており干渉する可能性がある
[画像のクリックで拡大表示]

 DFSを搭載したAPは、自分が利用したいチャネルについて、レーダー波が観測されないことを1分間確認してから電波を出す。利用中もレーダー波を常にモニターしており、検知した場合は即座にその電波の利用をやめるようになっている。

レーダー波を検知するとDFSが動作し直ちに電波の発信を停止し、別のチャネルを1分間確認してからデータ通信を再開する
[画像のクリックで拡大表示]

 その後は空いているチャネルを探して通信を再開するが、その場合事前に1分間レーダー波が検知されないことを確認してから利用する。つまり、DFSが動作すると最低でも1分間は通信が途切れてしまう。

 ちなみに、移動先としてレーダー波が使わないW52を選んだ場合は、この1分間の確認動作は必要ない。このため、DFSが動作したときはW52に移動する実装も多い。だが、W52はW53やW56より混雑していることが多く、スループットが上がらない場合がある。

 80MHz幅や160MHz幅といった広い帯域を利用すればするほど、レーダー波を検知してDFSが動作する確率が高まる。そのため、意図しないチャネル変更や、160MHz幅の設定でも80MHz幅しか使用できないといったトラブルにつながりやすい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。