インターネットにつながらない、ファイルのダウンロードに時間がかかる、IPアドレスが割り当てられない――こうしたネットワークトラブルに遭遇したとき、皆さんはどんな方法で対処するだろうか。こんなときに欠かせないのが、「パケットキャプチャー」だ。

 トラブル対応のユーザー事例を紹介する日経NETWORKの連載記事「トラブルからの脱出」。その過去202回の中で、トラブル対応の手段として最も使われていたのは「pingコマンドの実行」だった。2番目に多かったのが「パケットキャプチャー」。この後、「リンクランプなどを目視で確認」「ipconfigコマンドの実行」が続く。

トラブルに遭遇したネットワーク担当者が実行した内容。日経NETWORKの連載「トラブルからの脱出」に取り上げた事例202件から集計した
[画像のクリックで拡大表示]

 パケットキャプチャーの優れた点は、本来は見えない個々のパケットの中身が見えることだ。これにより、想定通りにパケットが流れているか、データに問題はないか、エラーパケットはないかといったことを確認できる。

パケットキャプチャーの魅力は、本来は見えない1つ1つのパケットの中身を見ることができること。想定通りにパケットが流れているか、データに問題はないか、エラーパケットはないかといったことを確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

流れているはずのパケットがない

 パケットキャプチャーによってトラブルを解決した事例を2つ紹介しよう。

 1つめは、一部のパソコンだけがインターネットにつながらないという事例だ。つながらないパソコンが時々入れ替わることから、ネットワーク管理者は、原因がパソコン側ではなくネットワーク側にあると推測した。

一部のパソコンだけがインターネットにつながらないというトラブルが発生。つながらないパソコンが時々入れ替わったことから、パソコン以外の原因を模索。ルーターとブロードバンドルーターの間でパケットキャプチャーを実行すると、ブロードバンドルーターが一部のパソコンのパケットを転送していないことが分かった
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコンは、レイヤー2(L2)スイッチ、ブロードバンドルーター、ルーターを経由してインターネットに接続していた。ブロードバンドルーターはDHCPサーバーとして使っていた。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。