Wi-Fiの電波は、見通しが良く電波状況も良い場所なら100メートル程度までは届くといわれている。だが、Wi-Fiの電波は壁や鉄骨などの障害物に滅法弱く、周囲の電波状況にも左右されやすいので、実際はそこまで到達しない。たとえ家の中でも、Wi-Fiルーターを設置した部屋から離れた場所や一戸建ての2~3階といった場所では、Wi-Fiの電波が届かず満足いく速度が出なかったり、通信が安定しなかったりすることがよくある。

 Wi-Fiの電波を遠方でより良い状態でつかめるようにするには、Wi-Fiの電波を中継すればよい。その手段として使われているのが、中継機とメッシュネットワークである。

中継機とメッシュネットワークの長所と短所を表で示した。中継機は導入が手軽な半面、通信面で短所が多い。メッシュネットワークはその逆だ
[画像のクリックで拡大表示]

とにかく導入しやすい中継器、注意点は速度

 中継機の魅力は、何といっても導入のしやすさだろう。

 既存のWi-Fiルーターに接続するだけで、その電波を中継できる。またWi-Fiルーターと中継機は、メーカーや機種をそろえる必要はない。対応規格が一致していれば原則接続できるので、製品を好みで選べる。価格が4000円台からと手ごろなのも魅力だ。

 さらに、Wi-Fiルーターにも中継機の機能を備える機種は多い。買い替えで不要になったWi-Fiルーターを、中継機として再利用することもできる。

 一方で⽋点もある。現在売られている中継機は、多くの場合同じ周波数帯で送信と受信を同時に実⾏できないため、同じ周波数帯だけ使うと通信速度が半分になる。その回避策として、5GHz帯と2.4GHz帯を同時に利⽤できるデュアルバンド対応の中継機を使う方法がある。ただし、親機(Wi-Fiルーター)から中継機と中継機から子機(PCやスマホ)のいずれかで、5GHz帯より低速な2.4GHz帯を使わなくてはならない点に注意が必要だ。中継機を設置することで遠方での電波状態は良くなり通信の安定度は増すが、一方で2.4GHz帯の混雑によって通信速度が低下してしまう可能性を考慮しておかなくてはならない。

中継機は既存のネットワークに追加する形で導入する。写真はバッファローの中継機「WEX-1166DHPS」で、実勢価格は税別4190円
(出所:バッファロー)
[画像のクリックで拡大表示]

 また複数の中継機を数珠つなぎに設置した場合、1台の中継機が壊れてしまうと、末端にある機器全てがネットにつながらなくなる。ここも、メッシュネットワークとの大きな違いだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。