通信各社は消費者向けと業務向けの両面で5G(第5世代移動通信システム)の用途を広げる。KDDIとソフトバンクもNTTドコモと同様に、5Gの商用サービス開始に向け実証実験やプレサービスを着々と進めている。

 KDDIはセコムと組んで2019年8月、東大阪市花園ラグビー場周辺で4Kカメラ搭載ドローンとAI、5Gを使ったスマート警備の実証実験をした。上空約20メートルを飛行するドローンで撮影した映像を5G回線でサーバーに送る。映像は4Kで地上の人間1人ひとりの姿勢まで判別できるという。AIによって転倒やもみ合いなどの動きを自動検知し警備員に通知する。

カメラ搭載ドローンがイベント会場周辺を巡回し5Gで高精細な映像を送信
[画像のクリックで拡大表示]
AIで来場者の異常行動を検知
[画像のクリックで拡大表示]
KDDIがセコムと実証実験をした、5G通信のカメラ搭載ドローンによる雑踏警備
ドローンから高精細映像を送り警備
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。