アリババクラウド(Alibaba Cloud)を展開するアリババグループは2019年9月25日、AI(人工知能)向けのチップセット「HanGuang 800(含光800)」を発表した。アリババの研究プログラム「DAMO」内のT-Headで開発した推論用のAIチップで、機械学習処理に特化している。中国・杭州で9月25日に開幕したアリババクラウドの年次イベント「Apsara Conference 2019」のキーノートで発表された。

 アリババグループ最高技術責任者(CTO)兼アリババクラウドCEOの張建鋒(Jeff Zhang)氏は、HanGuang 800と従来のGPUとをベンチマーク比較した結果を披露。「大量の交通データの分析を実施したところ、HanGuang 800のほうが処理時間は短く、消費電力は少なくて済んだ」と高性能をアピールした。

「HanGuang 800」とGPUのベンチマーク比較
[画像のクリックで拡大表示]

 HanGuang 800は既に、アリババグループ内のビジネスで利用されている。EC事業での商品検索、パーソナルレコメンド機能、広告、インテリジェントな顧客サービス、自動翻訳などで活用されているという。

 将来はアリババクラウドのサービスとしてHanGuang 800を提供する計画である。