(写真:123RF)
(写真:123RF)

 AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azure、Google Cloudなどメガクラウドを中心に、企業の業務システムでのクラウド活用が本格化してきた。各ベンダーはオンプレミス環境で稼働中のVMwareシステムの受け皿を充実させる一方で、コンテナ技術によるDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に力を入れたい考えだ。2020年のクラウド活用はどう進化するのか。その動向を予測する。