ビッグデータ分析のサービスや製品、コンサルティングなどを手掛ける米テラデータ(Teradata)が重要な局面を迎えている。2019年1~9月期の決算は減収、赤字転落となり、オリバー・ラッゼスバーガーCEO(最高経営責任者)が決算発表同日付で退任した。

 同社は目下、業績不振からの回復に向けた正念場にある。復活への大きな鍵を握るのが、同社が持つ優良顧客への価値提供を通じて成功体験を積み重ね、新たなサブスクリプション型のビジネスへ展開していくことだ。幸い、主力の新分析プラットフォームの「Teradata Vantage」を利用するユーザーの成果も見え始め、再成長に向けたパーツがそろいつつある。

 テラデータが2019年10月20日~24日に米国デンバーで開催した年次イベント「Teradata Universe 2019」は、同社のユーザー会が主催している。2018年のUniverseの基調講演にはVantageの1号ユーザーである米通信大手ベライゾンワイヤレス(Verizon Wireless)が登壇。今回のUniverseの基調講演には、独ドイツテレコム(Deutsche Telekom)、英ボーダフォン(Vodafone)といった、世界の通信大手が顔をそろえた。テラデータにとって通信事業者は金融と並ぶ最も大きな顧客インダストリーである。

2019年10月のユーザー年次イベントに登壇した、ドイツテレコムのビジネス部門CEO
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの通信大手は顧客のデータを分析し、解約を防止するリテンションなどに生かしている。ベライゾンでは分析データの活用により、一般に2~3%といわれる解約率を1%以下に抑えたという。性別、年齢、居住地域、所得、職業、学歴、家族構成などのデータを機械学習させて、顧客ニーズを予測したり、解約しそうな顧客に適切なキャンペーンを実施したりしている。

 ベライゾンではVantageを利用することで、最新の分析情報を1時間以内に社内で共有できるようになったという。こうした分析のリアルタイム化や社内での共有にVantageを利用する事例が増えている。

 今回のUniverseで目立ったのは米航空業界のユーザー講演だ。なかでも米大手航空会社のデルタ航空(Delta Air Lines)はVantageのユーザーとして3件の発表を行った。デルタは業績も堅調だ。2019年1~9月期の利益は36億6900万ドル(約4000億円)と前年同期比25%増を達成している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。