Q. メーカー系SEで顧客先に常駐しています。先日、進捗会議のため統括責任者が来た際、ノーネクタイで出席していた私は後で叱られました。自社はビジネスカジュアル(ビジカジ)OKです。ブレザーも着ていたしビジネス的にも違和感はないと思います。常駐先とはいえネクタイ着用が当然だと言う上司はおかしいです。

 筆者は、講演や顧客訪問時にネクタイをしていません。ファッション用語はよく分かりませんが一般的なビジカジ、スマートカジュアル(スマカジ)といったところでしょうか。もちろん夏場はクールビズです。

 質問者は常駐SEとのこと。ノーネクタイでも顧客先と良好な関係ならOKだと筆者は思います。ただし就業時間中の服装は会社のルールや指示に従う必要があることも理解しておかなければなりません。今回の進捗会議が特別な位置づけのものだったので、上司は服装に言及したのかもしれません。そうであれば、上司は事前に服装に関して注意喚起すべきでした。

就業時間中の服装は自由ではありません

 工場や飲食店、接客業は既定のユニホーム着用、営業マン/ウーマンはスーツ着用といったように会社ごとにルールがあります。就業時間中はルールに従うのが社員の義務です。ルールがないのなら、ジーパンやTシャツでOKかといえばそうでもありません。慣習的なスタイルが会社にあるのではないでしょうか。「服装は自由だ!」と表現の自由に言及する社員がいますが、就業時間中は会社のルールに拘束されます。

 クールビズが流行してから、ジーパンやTシャツなどの服装の社員と上司がトラブルになることがあります。そこで、会社はクールビズでも禁止する服装を内規で定めて運用しています。例えば、破れたジーンズや襟のないTシャツ、サンダルを禁止するなどです。

 また、常駐先や顧客へ訪問する場合は、上司の指示に従うことと付記している場合もあります。自社がビジカジOKであっても、顧客の慣習や服装、キックオフなど特別な場面を考慮して、プロジェクト責任者が「ネクタイ着用」と指示する場合には従う必要があります。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。