Q. IT企業に勤務しています。当面テレワーク勤務が基本となり、リモート環境での打ち合わせが多くなりました。上司とも個別の打ち合わせがあり、部屋や服装を映してと言われ気持ち悪く我慢できません。セクハラになると思うのですが、いかがでしょうか。時々グループでオンライン飲み会もあり、嫌になります。

 新型コロナ禍により多くのIT企業はテレワーク勤務を標準運用にしました。テレワーク可能な社員は原則自宅で作業しなさいということです。そのような状況下で質問のような類似の相談が寄せられるようになりました。

 仲がよい社員間で、昼食を共にしたり購入した服や部屋を見せたりすることがあるようです。一方、友人でもない上司が同様の行動を取るのはいただけません。パワハラ(パワーハラスメント)を含んだセクハラ(セクシュアルハラスメント)になります。

テレワーク継続でセクハラが増えていく?

 特にIT企業では、コロナ禍が過ぎ去ってもテレワークの勤務形態は継続して運用されていくでしょう。テレワークでも運用可能だと経営陣も理解しました。現に、オフィス面積の縮小や通勤手当の見直しの相談が寄せられています。質問のようなセクハラが新たなケースとして増えていくのかもしれません。

 誰もが自宅の中は見られたくないと考えます。筆者はリモートで打ち合わせをする際は、ノートパソコンの画面角度を変える、もしくは背面に何もない場所で行っています。アップで顔を映したくないときもあると思います。会社は、自宅勤務者についてはプライベート空間が入り込むため、カメラをオフにしてOKと発すべきです。後は、場面に応じて社員の判断に任せればよいのです。

 チャットやモバイル会議でのセクハラ発言を我慢しているとストレスになります。質問者は上位上司に相談することをお勧めします。社内にあるハラスメント相談窓口や人事部に進言してもよいでしょう。なお、ハラスメント相談窓口は法令で設置が義務付けられています。

 質問者は自宅でテレワークしているのでしょう。上司とのやり取りを録音しやすいはず。発言やチャットの内容が目に余るようなら録音を含め記録を残してください。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。