Q.IT企業勤務です。新型コロナウイルスワクチンの接種をするようにと通知がありました。特に顧客先に行くITエンジニアは、優先して接種するようにしてほしいということです。通知を受け取って以降、上司は「受けろ」という言葉で命令します。受けないと理由までしつこく聞かれます。上司のこうした態度はよいのでしょうか。

 会社は、顧客や取引先への配慮や、社内での安全配慮義務を考慮してワクチン接種を推奨しているのでしょう。マスク着用が普通になっていった頃もそうでした。大規模システム開発で顧客先に常駐するプロジェクトにおいては、先方から望まれることもあります。

 国も接種を推奨しています。会社の同僚や顧客のことを考えると接種したほうがよいかもしれません。ただし上司は、部下に接種を強制することはできませんので、接種の有無や理由まで無理に答えさせようとする態度をあらためるべきです。

接種しない理由を答える必要はない

 会社(上司)は、ワクチン接種の有無で、社内における差別が起こらないように配慮する必要があります。社内の接種状況を知りたい、家庭での感染を危惧して社員の家族の状況も知りたいなど、接種率を確認したいといったこともあるでしょう。ですが、接種するか否かはあくまでも社員個人の判断です。接種の強制はできません。

 上司や同僚から「接種したかいちいち聞かれるので困る」「なぜ接種しないのかと聞かれるのが嫌」といった話を聞くようになりました。接種をしたかどうか、していないならその理由という2つの質問をセットで行う上司が多いようです。

 これでは、会社は接種の推奨にとどめているつもりでも、現場の上司による発言で社員を追い詰めていることになります。上司が理由まで聞く状況はいただけません。

 個人によって、予約できない、副作用が気になるといった理由以外にも、持病など健康上の問題や思想的な見解など、受けたくない理由はさまざまです。プライバシーにかかわることであり、答えを求めるほうが間違っています。

 社員は、上司に聞かれても理由を答える必要はありません。上司も悪気はないと思いますが、個人的な質問はやめるべきです。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。