Q.SEです。会社ではテレワークを申請する仕組みになっています。コロナ禍により、テレワーク申請が却下されることはほぼありません。そんな状況が続いていたので、自宅以外でも大丈夫だろうと思い、旅行先でのテレワークを計画し、ホテルも予約しました。いつも通り申請したところ、顧客先での作業があるからと却下されました。旅行先だとは伝えていませんでしたが、テレワークができない時期は知らせておいてほしかったです。

 先日、人事システムの開発やサポートに従事するSE向けに、人事業務の実務研修を行いました。大手IT企業での実施でしたが、テレワーク率の高さに驚きました。

 出社が必要な社員、顧客先へ常駐している社員も当然います。それでもテレワーク率は7割超ということでした。やはりIT企業は進んでいます。

 制度があるか否かの企業割合ではなく、社員のテレワーク率なのです。こうした企業に勤務する社員が「毎日テレワークしているので場所なんて関係ない、旅先でもいいのでは」と考えるのもうなずけます。

まずは会社のルール確認を

 リゾートホテルや旅館などでテレワーク(ワーケーション)といったニュース記事を見かけますが、筆者の顧客で、旅行先など遠地での勤務を認めている企業は、まだありません。急な出社要請に対応できる圏内にいてほしいということです。仕事なので、会社とすれば往復中の事故やケガなどのリスクも考慮されます。

 筆者は仕事柄、顧客のテレワーク勤務規程に多く目を通しています。勤務場所は通常「自宅」と書かれています。他には「通勤可能な実家を可とする」「特別な理由により会社の許可を得た場合は、他の勤務場所でも認めることがある」といった追記をしている会社もあります。リゾート地や旅行先を可とするという具体的な表現を含んでいる規程は、筆者の顧客にはありません。

 開発スケジュール上、平常時におけるSEやプログラマーは、旅先でのテレワークも可能だと思いますが、質問者は、旅行先でのテレワークが認められているのかを確認してください。

 旅行の話は伝えていないとのこと。質問者自身がまずいと思っている、あるいは会社で認められていないからではないでしょうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。