「Google レンズ」は、AI(人工知能)による画像検索機能である。スマートフォンのカメラなどを通じて「目の前にあるもの」を検索できる。写真に写っているものの名前が分からないときに重宝する。例えば、動植物や服、雑貨、風景写真などから名称や関連情報を調べることができる。

 文字の抽出も可能で、写真に写っている文章をデータ化したり翻訳したりできる。また、データ化した文章をパソコンのクリップボードに転送することもできる。認識の精度が高いため、紙の資料をデータ化するときに便利だ。このほか、名刺の文字を読み取って「連絡先」アプリに登録する機能があり、ビジネスにも役立つ。

「Google レンズ」はスマホのカメラや写真に写っている対象を検索したり文字を抽出したりできる
(出所:米Google)
[画像のクリックで拡大表示]

 Google レンズは、スマホやタブレットのみで利用できる。Android機か、iOSを搭載したiPhoneやiPadかで利用方法が一部異なる。Android向けの「フォト」アプリ、iOS向けの「Google フォト」アプリを利用している場合、撮影済みの写真を参照している状態からGoogle レンズの機能を呼び出せる。各フォトアプリの画面下部にあるGoogle レンズのアイコンをタップすると、被写体について調べることができる。Android向けには「Google レンズ」という単体アプリもあり、撮影から検索までをワンストップで行える。一方、iOSでは「Google」アプリから同機能を利用できる。

Google レンズを利用するには、iOSであれば例えば「Google フォト」アプリ、Androidなら例えば「フォト」アプリを起動し、画像を表示させてGoogle レンズのアイコン(画面右から2番目)をタップする
(出所:筆者、特記を除き以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
Android機にのみ「Google レンズ」という単体アプリがあり、撮影から検索までをワンストップで行える
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。