デンマークGN Audioの「Jabra(ジャブラ)」というブランドは、ビデオ会議やコールセンターなどで使われるビジネス向けヘッドセットやスピーカーフォンなどで知られる。コンシューマー向けのイヤホンやヘッドホンも人気があり、左右のユニットをつなぐケーブルがない「完全ワイヤレスイヤホン」を早くから手がけてきた。音質はもちろん通話機能にもこだわることで、音楽鑑賞だけでなくビデオ会議やスマホでの通話などビジネス利用にも適する製品が多い。

アクティブ・ノイズ・キャンセリング(ANC)対応で半密閉型の完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 85t」。従来モデルの「Jabra Elite 75t」「Jabra Elite Active 75t」もファームウエアアップデートによってANC対応になった
(出所:スタジオキャスパー、記載のないものは以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年11月発売の「Jabra Elite 85t」は、同社初となるアクティブ・ノイズ・キャンセリング(ANC)機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンだ。コンパクトなボディーにイヤホンとしては大口径となる12ミリドライバーを搭載して音に迫力を持たせたほか、本体の内側と外側にANC用マイクを備え、外だけでなく耳の内側に発生するノイズも除去するのが特徴である。

 マイクを通じて外の音を取り込む外音取り込み機能を備えるほか、左右計6つのマイクで音声を取り込む機能と風切り音を防ぐ機能により通話品質も高めている。ビデオ会議にも適する。

完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなりコンパクト。ロゴが入っている部分がボタンになっていて、ここを押して操作する
[画像のクリックで拡大表示]
コンパクトなので、装着しても耳から飛び出す部分が少なく、目立ちにくい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。