キーボードは1000円前後の安価な製品から数万円以上の高価格帯製品まである。東プレの「REALFORCE」シリーズは高価格帯のキーボードの代表格で、静電容量無接点方式による優れたキータッチや高い耐久性などから人気が高い。最新モデルの「R3キーボード」は従来モデルからデザインを一新し、新たに無線接続対応モデルを用意。専用ソフトウエアでキーマップをカスタマイズできるなど、使い勝手の良さも魅力だ。東プレの公式オンラインショップでの販売価格は2万3980円から3万4980円(税込み、以下同)となっている。

フルモデルチェンジした東プレの「REALFORCE R3キーボード」。静電容量無接点方式を採用したキーボードで、全20モデルのうち16モデルが無線接続に対応する
フルモデルチェンジした東プレの「REALFORCE R3キーボード」。静電容量無接点方式を採用したキーボードで、全20モデルのうち16モデルが無線接続に対応する
(写真はスタジオキャスパー、記載がないものは以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 R3キーボードは2022年1月17日時点で20モデルあり、いずれも日本語配列だ。今回は無線接続対応の2モデル、テンキーレスの「R3HC22」とフルキーボードの「R3HA31」をテストした。どちらもBluetooth 5.0による無線接続とUSB 2.0による有線接続の両方に対応している。バッテリーは単3形乾電池2本を使用する。

 従来モデルのR2キーボードから大きく変わったのは、まずデザインだ。業務用キーボードのような角張ったデザインから、角に丸みがある柔らかい印象のデザインになった。好みが分かれるところだが、自宅で使うならR3キーボードの方が部屋になじみそうだ。

「R3HC22」はテンキーレスで無線接続に対応し、キー荷重を変更できるモデル。静音仕様で本体色はスーパーホワイト。直販価格は3万4540円(税込み)
「R3HC22」はテンキーレスで無線接続に対応し、キー荷重を変更できるモデル。静音仕様で本体色はスーパーホワイト。直販価格は3万4540円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]
フルキーボードの「R3HA31」もワイヤレス接続対応。キー荷重は45グラムで本体色はブラック。直販価格は3万1680円(税込み)
フルキーボードの「R3HA31」もワイヤレス接続対応。キー荷重は45グラムで本体色はブラック。直販価格は3万1680円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]

 R3HC22とR3HA31はどちらも無線接続と有線接続の両方に対応したモデルなので、電源ボタンとUSB Type-Cコネクター、電池ボックスがついている。接続用のUSBケーブルが付属する。

電源ボタンや、最大4台までの無線接続機器の確認などができるLEDインジケーターがついている
電源ボタンや、最大4台までの無線接続機器の確認などができるLEDインジケーターがついている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。