3COINS(スリーコインズ)やCouCou(クゥクゥ)など300円(税別、以下同)の商品を中心に扱う「300円ショップ」が人気を博している。300円の商品だけではなく500円、700円、1000円といった価格帯の商品も扱っている。中には1000円を超える商品もあり、価格帯の幅が広い。100円均一の「100均ショップ」とはひと味違う商品を見つけることができる。

 主力の客層は女性で、おしゃれでかわいい雑貨が中心だ。ただし3COINSやCouCouなどは仕事に使えるデジタルグッズも販売している。ビジネスパーソンにとっても足を運ぶ価値がある。

 300円ショップではないが、デンマーク発の雑貨店「フライング タイガー コペンハーゲン」もデジタルグッズを含む1000円以下の商品を数多く取りそろえている。

 筆者は別の300円ショップもいくつか回ったが、デジタルグッズに関しては3COINS、フライング タイガー コペンハーゲン、CouCouが充実していた。これら3つの店で筆者が見つけたお薦めのデジタルグッズを6つ厳選して紹介しよう。

通信もできるライトニングケーブル

 3COINSはファッションブランドや雑貨ブランドを持つパルが運営する。キッチン用品、バス用品、インテリア用品、衣服など幅広いジャンルの商品を扱う。2020年2月時点で40都道府県に199店舗を展開している。

 3COINSでは「ライトニングケーブル for iPhone」「Selfie Ring Light」「ケーブルボックス」の3つのデジタルグッズが気になった。順にレビューする。

 ライトニングケーブル for iPhoneは300円。iPhoneやiPadなどで利用できるLightningケーブルだ。100均ショップが販売するLightningケーブルは充電専用が多い。しかしライトニングケーブル for iPhoneは充電だけでなく通信にも対応しており、「iTunes」の同期やUSBテザリングなどにも活⽤できる。

 ケーブルは1mある。ケーブルの外皮はメッシュのように編み込まれており高級感がある。急な角度に折り曲げても断線しにくく強そうだ。コネクターの付け根も分厚く、無理に曲げても壊れにくいように感じた。

 米アップル(Apple)は「MFi」という同社認証済みのケーブルの使用を推奨している。しかしライトニングケーブル for iPhoneはMFi認証を取っていないようだ。商品パッケージにMFi認証のロゴがなく、アップルのMFi認証済みアクセサリー製品の検索ページ「MFi Licensed Accessories」でもヒットしなかった。だが対応機種として「iPhone 11」「11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」など各種iPhoneの名前と共に「充電・同期可能なケーブル」とパッケージに記載されていた。MFiの認証を取っていないケーブルなのでiOSのアップデート次第で使えなくなる可能性も考えられるが、2020年2月時点では利用できる。

3COINSで購入した「ライトニングケーブル for iPhone」。価格は300円(税別)
(撮影:スタジオキャスパー、記載の無い写真は以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
「100均」のケーブルと異なり、充電だけでなく通信にも対応している。ケーブルの長さは1mだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。