撮影した写真が翌朝9時まで見られない――。米Dispo(ディスポ)のそんな写真共有SNS(交流サイト)アプリ「Dispo」がブームになりそうだ。Dispoは写真にフィルター(加工)をかけられず、スマートフォンに保存している画像のアップロードもできない。なぜ注目を集めているのだろうか。

スマホ版の「使い切りカメラ」

 Dispoを発案したのは、著名なYouTuberであるデビッド・ドブリック氏だ。同氏はDispoを創業してiOS向けのベータ版アプリを公開。テスター(試用者)にアプリを配布できる米Apple(アップル)の「TestFlight(テストフライト)」において、2021年2月時点で配布の上限である1万人を超えるほど人気を集めた。

 同月中にDispoのiOS向け正式版をリリース。招待制アプリとして音声SNSの「Clubhouse(クラブハウス)」のように注目を集め、すぐに招待制を撤廃。同年3月のアップデートで日本語に対応した。

 Dispoは「disposable(使い捨て)」にちなんで付けた名称で、レンズ付きフィルム(使い切りカメラ)をイメージさせる。ドブリック氏は、Dispoを開発する以前からInstagramに使い切りカメラで撮影した写真を投稿していた。

 DispoのWebサイトには「live in the moment(瞬間を生きる)」と掲げ、以下のような記述を載せている。

 「A digital disposable camera experience allows us to reclaim our lives from our phones(筆者訳:デジタルの使い切りカメラ体験を通して、携帯電話から私たちの生活を取り戻すことができる)」。

 スマホで撮影すると、写真の確認や撮り直し、SNSへの投稿といった一連の作業に追われ、その場を楽しめないことがある。Dispoのように翌朝まで何もできなければ、その場の時間を一瞬も逃さず楽しめるというわけだ。

シャッターを押すだけの単機能

米Dispo(ディスポ)が開発した写真共有SNS「Dispo」の撮影画面。画像にフィルター(加工)はかけられず、機能は最小限だ
(出所:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 写真共有SNSの代表格といえばInstagramだが、Dispoはそれとはだいぶ異なる。アプリを起動すると、画面中央に小さなファインダーが表示される。あまりにも小さく、配置や角度などを試行錯誤したくてもうまくできない。

 撮影前に操作できるのは、ズームとフラッシュのオン/オフ、アウトカメラ/インカメラの切り替えのみ。フィルターもない。「映え」は意識せずに、どんどんシャッターを押していくのみだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。