「当方中学生で月30万稼げてます」「休校中から始めて1日1万は余裕です」――。そんな投稿をするTwitterの怪しいアカウントがあるのをご存じだろうか。

 新型コロナウイルスによって子どもたちは自宅にいることを余儀なくされ、スマホの利用時間が長くなっている。「スマホ漬け」のような状態の子どももいるようだ。

 そんな子どもたちを狙って、副業勧誘のアカウントは「簡単に稼げる」などとささやいて誘う。「私も中学生(高校生)」「親バレしない(親に知られない)」「ノンアダルト(性的サービスなし)」「銀行口座の必要なし」などと記載されていることが多く、いいねやコメント、リツイートなどをすると、SNS(交流サイト)内のメッセージ機能で連絡をもらえるという。勧誘の内容を記述した画像を添付して誘うアカウントが多いようだ。

 女子中学生や女子高生を狙っているのか、「ジャニーズのタレントに関する情報も渡せる」と語ったり、検索用キーワードとしてK-POPアイドルの名前を入れたりするケースも見受けられる。

副業を勧誘するTwitter投稿の例
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。