米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)の「Echo Buds(第2世代)」は、周囲の環境音を内蔵マイクで拾い、逆位相の音を出して騒音を打ち消すアクティブ・ノイズ・キャンセリング(ANC)機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホンだ。ANC対応製品としては手ごろな価格で、アマゾンの音声アシスタントサービス「Alexa」(アレクサ)に対応しているのが特長である。

 アレクサにより、手を使わず音声でニュースや天気予報を確認したり、電話をかけたり、音楽再生の操作をしたり、対応したスマート家電のコントロールをしたりできる。アマゾンはアレクサ対応のスマートスピーカーやスマートディスプレーを発売しているが、その完全ワイヤレスイヤホン版といえる。

完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds(第2世代)」。アクティブ・ノイズ・キャンセリング機能を搭載し、アマゾンの音声アシスタントサービス「Alexa」にも対応している
完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds(第2世代)」。アクティブ・ノイズ・キャンセリング機能を搭載し、アマゾンの音声アシスタントサービス「Alexa」にも対応している
(写真はスタジオキャスパー、記載のないものは以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 本体色はブラックとグレーシャーホワイトの2色。付属の充電ケースにはワイヤレス充電に対応したものと非対応のものがあり、Amazon.co.jpでの販売価格は1万2980円(税込み、以下同)から。ちなみに第2世代となっているが、前モデルは日本で発売されていないので、日本ではこれが初登場となる。

本体だけでもほとんどの機能を操作できる。アレクサアプリを使うことでタップ操作の内容を切り替えるなどの細かな設定が可能だ
本体だけでもほとんどの機能を操作できる。アレクサアプリを使うことでタップ操作の内容を切り替えるなどの細かな設定が可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

軽快な装着感、タップで操作

 手にしてまず感じるのは軽さだ。ボディーはやや厚みがあるが、重さはイヤーチップを外した状態で5.7グラムと、サイズに比べて軽く感じられる。装着するとフィット感が高く、耳によく密着するので重みはあまり感じられない。

 一般的なイヤーチップが4サイズ付属する。さらに、耳介に軽く突っ張るようにして固定するウイングチップも2タイプ付属し、こちらを使うとフィット感はさらに高まる。アレクサアプリを使って、イヤーチップのフィット感をテストすることもできる。

厚みはあるが軽量でフィット感は高く、耳から重りが垂れ下がるような感覚は希薄だ
厚みはあるが軽量でフィット感は高く、耳から重りが垂れ下がるような感覚は希薄だ
[画像のクリックで拡大表示]
アレクサアプリで耳へのフィット感をテストする。様々なサイズのイヤーチップやウイングチップを交換しながらテストすることで、自分に最適なサイズを選べる
アレクサアプリで耳へのフィット感をテストする。様々なサイズのイヤーチップやウイングチップを交換しながらテストすることで、自分に最適なサイズを選べる
[画像のクリックで拡大表示]

 ボディー表面にはマイクの穴があるだけで操作ボタンなどはなく、すっきりとしたデザインだ。今回試用したのはブラックのモデルで、アマゾンのマークも目立たない。生活防水に相当するIPX4仕様の防滴機能に対応し、雨や汗で少しぬれても問題ない。夏場の外出時に安心して使えそうだ。

本体、充電ケース、充電ケーブルのほか、4サイズのイヤーチップ、2種類のウイングチップが付属する
本体、充電ケース、充電ケーブルのほか、4サイズのイヤーチップ、2種類のウイングチップが付属する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。