今の子どもは、学校や親から「ネットに顔写真を出すのは危険だ」と教わっている。しかし親は子どもの写真をエピソードとともに平気でSNS(交流サイト)に投稿しているようだ。

シェアレンティングのイメージ。ほのぼのとした写真だが、このままSNS(交流サイト)に投稿すると、後のリスク要因になるかもしれない
シェアレンティングのイメージ。ほのぼのとした写真だが、このままSNS(交流サイト)に投稿すると、後のリスク要因になるかもしれない
(出所:PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 チェコのセキュリティー対策会社であるAvast Software(アバスト・ソフトウェア)は2019年9月、日本国内の20~69歳を対象とした「アバスト デジタルリテラシー調査:ファミリー版」の調査結果を公表した。それによると、20代の母親の8割が「モザイク無しで子どもの写真を投稿した経験がある」と回答した。また、回答者の約4割は全SNSを「すべての人に公開」に設定していると答えた。

 親が自分の子どもの情報や写真をオンラインでシェアすることを「Sharenting(シェアレンティング)」と呼ぶ。「share(シェア)」と子育てを意味する「Parenting(ペアレンティング)」を組み合わせた造語だ。今シェアレンティングの是非について世界中で議論されている。大人世代にはなかったリスクだからだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。