米Google(グーグル)が2020年8月に発売した「Google Pixel Buds(以下、Pixel Buds)」は、左右のユニットをつなぐケーブルがない「完全ワイヤレスイヤホン」と呼ばれる製品だ。購入して1カ月ほど使い続けてきたところ、使い勝手の良さから仕事や外出時のお供として手放せない存在になってきた。

米Google初の完全ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」。量販店サイトでの実勢価格は2万800円(税込み)程度で、カラーバリエーションは3通りある
(出所:スタジオキャスパー、記載のないものは以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 Pixel Budsの特徴は幾つかある。「Googleアシスタント」をはじめとしたGoogleのサービスとの連係機能を備えること、開放型イヤホンで快適に装着できること、内蔵マイクにより通話やビデオ会議に使う仕事のヘッドセットとしても使いやすいことなどだ。

 ただしノイズに逆位相の音波を生成して重ねて打ち消す「アクティブノイズキャンセリング機能」や、周囲の音をマイクで取り込む「外音取り込み機能」は搭載していない。量販店サイトでの実勢価格は2万800円(税込み)程度で、機能や価格は米Apple(アップル)の「AirPods(第2世代)」に近い存在だ。

ユニットは片側5.3gと軽い。ケースと合わせても66.7gだ。さらっとした表面仕上げで高級感がある
[画像のクリックで拡大表示]

 手に持ってまず感じるのはコンパクトで軽いこと。ユニットは片側が5.3gで、完全ワイヤレスイヤホンの中でも軽い方だ。装着すると耳からはみ出る部分が少なく、シリコン製のフィンがつっかい棒のように作用して耳に固定してくれる。跳びはねたり走ったりしても抜け落ちにくい。水の飛まつから保護する「IPX4」相当の防滴にも対応する。生活防水レベルだが、ぬれた手で触ったり、小雨に遭ったりするくらいなら問題ない。

イヤーチップを外した状態。充電用の3つの接点、装着しているかどうかを検出するセンサー、マイクの穴がついている
[画像のクリックで拡大表示]
装着したところ。ユニットから飛び出ている細長いフィンが耳に当たって外れにくい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。